スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の本屋の日本書籍コーナー評(超個人的)

今年の本屋大賞が「鹿の王」に決まったそうで・・・。
去年か一昨年の大賞の「ランチのアッコちゃん」も読みたい読みたいと思いつつまだ読んでないのに・・・。
ドラマ化する(した?)らしいから、ドラマ見る前に読まないと。電子書籍化してるし。
本屋大賞は大賞だけでなく大賞にならなかったノミネート作品も毎回凄く面白そうなので、欠かさずチェックしてます。
(チェックだけしてまだ読んでないもの多数・・・)

ものを増やさないために読書は専ら電子書籍派になったので、
以前に比べて行く回数がめっきり減った本屋。
以前よりは行く回数減ったけど、それでも普通の人よりは断然行ってると思います。

韓国の代表的大型書店といえば
・教保文庫
・永豊文庫
・bandi&runis

鍾路ではこの3店がわりと近距離にあるので、
どうしても欲しい本がある時は3軒ハシゴとかします。
なのでどれも鍾路店(教保は光化門店)の感想です。

・教保文庫
日本書籍コーナーの売り場面積は一番広い。
近年ハンドメイド本とか、デザインブックとかに重点置きすぎてて、(常に特設ブースみたいなのができてる)
売り場面積は広いのに全体的な品揃えは悪くなってきてるのが残念。
逆に編み物本とかデザインブックとか求めてる人は迷わず教保文庫に行くべき。
日本製の編み物グッズとかも売ってるし。
新書・児童書・雑誌も一番充実してると思う。

特に新書は棚も多いし、新刊コーナーもある。
文庫本の新刊コーナーもあるけど、東野圭吾とかドラマ化した作品の原作とか、
人気どころの作家の作品しか充実していないのが私的に残念。

私が好きなコミックエッセイの類は近年どんどん減ってしまって、
昔はあったコミックエッセイの棚もなくなってしまった。
(たかぎなおことか益田ミリとか。益田ミリは韓国でも人気なので文庫本は充実している。単行本はない。)

日本書籍コーナーには専用デスクもあって、欲しい本はそこで注文することもできるけど、
最近取り寄せできなくなってる本も多い。
(私が欲しい本がマイナーなだけ?)

今年のバレンタインデーは日本書籍のコーナーにロイズの特設ブースができてて、
生チョコの販売してた。
本屋なんだか何なんだかもはや不明の光景でした。しかも大人気だったロイズ。


・永豊文庫
意外に侮れないのがここ。
売り場面積は教保には劣るけど、私的に棚の作り方が好き。
日本書籍コーナーにいる店員さん、いつもやる気なさそうな人ばかりなのに、
一体誰があの棚作りをしているんだろうといつも気になる。

一昨日行ったら2015年度の本屋大賞のノミネート作品のコーナーができてて、
これにはおおっやるじゃん!と思わずにはいられなかった。
過去には日本の食文化にちなんだ本コーナーとか、東野圭吾VS村上春樹コーナーとか、
なかなか面白いコーナーがあって毎回楽しい。

新刊も早いうえになかなかの品揃え。
私が捜し求めていた「フランス人は服を10着しかもたない」は唯一ここにしか置いてなかった。これにも感動。
去年、村上春樹の新作短編集も、教保よりこっちの方が早く入荷していたような記憶が。

雑誌も充実していて、しかも古いものは割引になっていることも多いので要チェック。
鉄道、戦艦、水族館などなどマニア向け雑誌が充実してる。
旅行ガイドも教保よりこっちの方が充実している印象。


・bandi&runis
ここは雑誌・小説・新書・児童書・漫画すべてをコンパクトに収めました、って感じ。
日本書籍コーナーの売り場面積が小さいので、一応ほとんどのジャンルの本があるけど本当に「一応」って感じ。
雑誌ならお目当てのものが見つかるかもしれないけど、
(ジャニーズ推しの印象を受ける雑誌コーナーの棚・・・)
文庫や新書はあまり期待しないほうがいいかも。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

프로필

milkis3

Author:milkis3
韓国の大学卒業後、ワーホリで再び韓国に戻ってきました!!

최근 게시물
최근 댓글
최근 트랙백
월별 아카이브
카테고리
最新記事
フリーエリア
검색 메뉴
RSS 링크 표기
링크
블로그친구 신청 메뉴

블로그친구신청

QR코드
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。